ケーゾクケーカク

継続的な計画による特化型テーマの複合ブログです。

【小説】過去に読んだ米澤穂信作品情報

 

過去に読んだ米澤穂信小説の情報をまとめてみました。

 

 

目次

 

 

インシテミル

出版社:文藝春秋

出版年:2007年

備考:2010年に映画化。時給11万2000円という破格のアルバイトに釣られた男女12人による「閉鎖空間での殺人ゲーム」。

 

儚い羊たちの祝宴

出版社:新潮社

出版年:2008年

備考:「最後の一撃(フィニッシング・ストローク)」に拘られた短編推理小説。

 

ボトルネック

出版社:新潮社

出版年:2006年

備考:主人公が「自分が生まれなかった世界」というパラレルワールドへワープし、自分の存在意義と向き合っていく作品。

 

氷菓

出版社:角川文庫

出版年:2001年

備考:2012年にテレビアニメ化。2017年11月に実写映画公開予定。

 

さよなら妖精

出版社:東京創元社

出版年:2004年

備考:政治と戦争が織りなす複雑な内戦模様が描かれている作品。まるで世界史の勉強をしているようかのように、歴史の情報満載のため歴史好きにはおすすめ。

 

犬はどこだ

出版社:創元推理文庫

出版年:2005年

備考:「犬探し専門」というニッチなサービスを行う主人公が、専門外の「失踪人探しと古文書解読」を依頼される物語。

 

 

 

トップページ